お客様ニーズにあった最適なソリューションをご提供するAXLBOX

  • お問い合せフォーム
  • 03-6362-4947

AXLミーティング by V-CUBE

「いつでも」・「どこでも」・『だれでも』
会える、話せる、Web会議システム。
それが AXLミーティング by V-CUBE です。

インターネット上に設置された「Web会議室」で、ネット回線があれば世界中どこからでも参加できます。
だれでも簡単に参加でき、多彩な機能を実現しています。

なぜテレビ会議・Web会議システムが必要なのか?
「ビジネス」や「学び」の場は、人と人とのコミュニケーションから成り立っています。
だから、ビジネスや学びも会うことが一番です。
会うことで電話や手紙、Eメールで解消されない“想い”が伝わることを、私たちは経験的に知っています。

AXL ミーティングは「いつでも」・「どこでも」・『だれでも』使えるサービスです。
●「いつでも」すぐに使えます。
  会議開催管理や、会議開始までの煩わしさがありません。しかもインストール不要です。
●「どこでも」使えます。
  インターネット回線があれば、世界中どこでも利用できます。
  インターネット回線がなくても電話回線・携帯電話からでも利用できます。
●「だれでも」簡単に使えます。
  シンプルなインターフェースは初めて触る人でもストレスなく使えます。
  インターフェースがまとまっていますので操作に迷うことがありません。
  利用できるOSやブラウザに制限がありません。
  iPad、Androidタブレット、スマートフォンなど最新のデバイスに対応しています。

ご利用メリット、利用シーン

複数拠点での定例会にご利用

国内外の拠点間で、映像や資料を交えながら会議を行うことによって、出張費用・移動時間の削減につながります。

社内での打ち合わせにご利用

自宅作業のスタッフとの打ち合わせや、外出先からでも会議に参加でき、電話やメールだけでは伝わりづらかった内容も伝わります。

協力会社や海外の取引先との会議にご利用

代理店や海外の取引先との打ち合わせにご利用いただけます。会議に招待されるお取引先には、会議室利用料金は発生しません。それによりお取引先との接点が増え、顧客密着度がアップします。

グループマーケティングや研修会にご利用

モニターや受講生は映像・音声を利用しつつ、どの場所からでも参加が可能なので、主催者はリアルな反響を期待できます。

Web会議とTV会議の違い

2つの会議システムの比較

Web会議システムとテレビ会議システムを分類すると下表のように2種類の会議システムに分けられます。

タイプ ソフトウェアタイプ(通称:Web会議) 専用機タイプ(通称:ハード型テレビ会議)
特徴 PC、カメラ、ヘッドセットを利用しインターネットを介して会議を行う。 テレビやプロジェクター等のモニターに専用端末を接続、主に専用回線を利用する。
利用イメージ img img
メリット ・導入コストが専用機タイプより安い
・どこからでも会議に参加できる
・資料・デスクトップ共有やチャットなど多機能
・高音質
・高画質(フルHDなど)
・操作が簡単(リモコン操作)
デメリット ・商品によっては利用者毎のインストールが必要
・ネットワーク環境によって画質・音質が変わる
・導入コストが高い
・利用できる場所が限られる
・複数拠点で会議をするためには特別な装置が必要

選ぶならハード型テレビ会議システムよりWeb会議システム?

Web会議システムとテレビ会議システムを分類すると下表のように2種類の会議システムに分けられます。

AXLBOXのクラウド型Web会議サービスならすべて解決

Web会議システムとテレビ会議システムを分類すると下表のように2種類の会議システムに分けられます。

機能一覧

テレビ会議(TV会議)・Web会議の基本機能

テレビ会議・Web会議のクラウドサービス「AXLミーティング by V-CUBE」は会議を成功させるために設計されたシステムです。 相手の顔を見て話ができるだけでなく、1つの資料を全員で共有したり、テレビ会議を録画して議事録としてご利用になれます。

【議長】議長1名が会議進行できる議長制会議にも対応

1名の議長がいて、議長が指名した発表者のみが発言する、そんな議会のような議長制の会議に対応しています。
さらに議長機能では、資料のページめくりは議長が行って会議進行し、 参加者は自由に発言するといったディスカッション形式の会議運営にも対応しています。
議長機能を使用すると、議長が発表者を指名して発言許可を与えたり、 ホワイトボードの操作を制限したりすることができるようになります。

【ホワイトボード】資料を参加者全員で共有

今やビジネスに欠かせないMicrosoft(マイクロソフト)のWord(ワード)、Excel(エクセル)、 PowerPoint(パワーポイント)、PDF(ピーディーエフ)をそのままテレビ会議上に表示することができます。 また、各種画像ファイル(gif・ jpgなど)にも対応しております。
これらのデータはテレビ会議システムの「ホワイトボード」と呼ばれるエリアに画像化されて表示され、 Microsft Officeを持っていない人でも閲覧することが可能です。
アップした資料に対して線引きしたり、文字を書き込んだりすれば、伝えたいポイントをより明確に伝えることができます。

【個人ホワイトボード】個人用のホワイトボードでメモ活用

参加者全員で共有するポワイトボードの機能を、個人用として利用でき(※)、メモに活用できます。
ホワイトボードの資料を個人用にコピーしたり、個人ホワイトボードの資料をホワイトボードにコピーすることができ、 会議で利用している資料に対して素早くメモを取ることや、個人メモを参加者全員に共有することで効率的な会議が行えます。
※あらかじめメンバー登録しておいた契約中の参加者が利用できます。

【ストレージ】会議資料を統合管理

会議で利用する資料や画像、動画ファイルなどをまとめて管理する事ができます。
ストレージに保存されたデータは、会議室からの読み込みができ、 事前にアップロードしておくことで即座にホワイトボードに貼り付けられ、会議の進行が効率的になります。
ファイルやデータの管理は個人単位でも利用できます(※)。
※あらかじめメンバー登録しておいた契約中の参加者が利用できます。

【共有メモ機能】テキスト形式のメモを共有

テキスト形式のメモを参加者全員で共有できます。
テキストは会議中に編集ができることはもちろん、会議終了時に会議記録として保存されるとともに、 途中でPC内に保存したりメールに添付して送信することも可能です。

【ファイル転送機能】Web会議中にファイルの交換が可能

あらゆる形式のファイル(Word、Excel、PowerPoint、PDF、画像)を交換できます。
テレビ会議・Web会議システムにアップすれば、参加者全員がその資料をダウンロードできます。

【チャット機能】マイクがなくても会議に参加OK

電車など携帯電話の使用が制限されている所、 図書館など私語が禁止されている場所、周囲にいる人に聞かれたくないことを発言したい場合、 会議に参加したいけどマイクがない時などもご安心ください。
テレビ会議・Web会議にはチャット機能がついているので、メール感覚で参加も可能です。

システム要件

動作環境

Windows Mac
ブラウザ ※1 Internet Explorer 11
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9
Internet Explorer 8
Internet Explorer 7
Mozilla Firefox 最新版
Safari 最新版
OS ※2 Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows VISTA
Windows XP
Mac OS X 最新版
Flash Player Flash Player 最新バージョン
スペック
(H.264利用なし)
<CPU>
Core2Duo 1.66GHz以上
または上記に相当以上のCPU

<空き容量/搭載メモリ>
1GB/2GB以上

<VRAM>
256MB以上

※Windows XPの場合
<CPU>
Pentium4 3.0GHz以上
または上記に相当以上のCPU

<空き容量/搭載メモリ>
512MB/1GB以上

<VRAM>
64MB以上
<CPU>
CoreDuo 2.0GHz以上
または上記に相当以上のCPU
スペック
(H.264利用あり)
<CPU>
Core2Duo 2.53GHz 以上
または上記に相当以上のCPU

<空き容量/搭載メモリ>
2GB/4GB以上

<VRAM>
256MB以上
<CPU>
Core2Duo 2.53GHz以上
または上記に相当以上のCPU
ネットワーク速度 ※3 下り:512Kbps以上
上り:384Kbps以上

※高画質オプション利用時
下り:768Kbps以上
上り:512Kbps以上
ネットワーク速度 ※3
(AXLミーティング by V-CUBE
20人レイアウト時)
下り:1Mbps以上
上り:384Kbps以上

※H.264利用時
下り:1.6Mbps以上
上り:384Kbps以上

※Windows XP は2014年4月9日をもってマイクロソフトのサポートが終了しております。 ご利用に際しては十分にご注意ください。

AXLミーティング スマートフォンアプリ(V-CUBEモバイル)動作環境

アプリケーション利用環境 動作確認端末(2014年5月29日現在)
iOS※4 iOS 6以上 iPad 2012年発売モデル(iOS 7.1)
iPad 2013年発売モデル(iOS 7.1)
iPad mini(iOS 7.1)
iPad Air(iOS 7.1)
iPad mini Retinaディスプレイモデル(iOS 7.1)
iPhone 4S(iOS 7.1)
iPhone 5(iOS 7.1)
iPhone 5S(iOS 7.1)
iPhone 5C(iOS 7.1)
iPod touch 5th(iOS 7.1)
Android※5 ※6 Android 2.3.3以上 GALAXY S4 SC-04E(OS 4.2.2)
AQUOS PHONE si SH-07E(OS 4.2.2)
XPERIA A SO-04E(OS 4.2.2)
AQUOS PHONE ZETA SH-01F (OS 4.2.2)
ARROWS NX F-01F(OS 4.2.2)
XPERIA Z1 SO-01F(OS 4.2.2)
GALAXY Note3 SC-01F(OS 4.3)
GALAXY J SC-02F(OS 4.3)
AQUOS PHONE EX SH-02F(OS 4.2.2)
ARROWS Tab F-02F(OS 4.2.2)
AQUOS PAD SH-08E(OS 4.2.2)
XPERIA Tablet Z SO-03E(OS 4.1.2)

上記は弊社での検証の結果を元にしたものであり、全ての環境での動作を保証するものではありません。
セキュリティソフトウェアまたは、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって当サービスの機能が正しく利用 できない場合があります。
オプション機能を利用した場合の動作環境については、別途お問い合わせください。

※1 ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。

※2 Windows 8 および 8.1 環境下においては以下の現象が確認されています。
・PC画面共有が正常に利用できない場合があります。
・InternetExplorer 10 および 11 をご利用の場合に「プロトコル・ポート制限」で「rtmps-tls:443」のみに制限するとその会議室に入室できません。

※3 プロキシが不在もしくはバイパス処理してあること。ネットワーク速度が環境以下でも接続可能ですが、画質が低下します。
光回線を推奨しますが、遅延を気にされなければ、下り:64Kbps程度でも可能です。
なお、こちらに掲載しているネットワーク速度は映像・音声の通信に必要となる帯域となります。 ホワイトボード機能やキャビネット機能等のやりとりによって記載以上のデータ転送量が一時的に発生することがあります。

※4 iOS 6をインストールしたiPadにおいて、V-CUBE モバイルを利用した際に、会議室内でカメラ撮影機能を起動すると、撮影時のプレビュー画面が正常に表示されない可能性があります。

※5 V-CUBE ミーティング ver. 4.6.5.xのサービスをご利用の場合は以下の条件でお使いください。
・会議の同時参加人数は13人以下としてください。
・資料の操作は基本的に議長権モードをお使いください。さらに資料への書き込みを行うのは議長含め最大同時2名でお願いします。
・「ビデオフレームレート」の設定は初期値である「3」のままでご利用ください。
・「話者音量の自動調整」の設定は初期値である「OFF」のままでご利用ください。

※6 一部の端末では温度上昇によってカメラが一定期間使えなくなる場合があります。

ご利用料金

ルーム制のメリット

「AXLミーティング by V-CUBE」の料金体系は1部屋単位のご契約となります。
1つの部屋を使いまわして利用することが可能です。
1契約で何人でも利用できる「貸し会議室制(ルーム制)」です。

他社システムにみられる1人1人にIDを発行して課金する仕組みではなく、
仮想の会議室を貸出しするルーム制(貸し会議室)なので、何人で使っても料金は変わりません。
参加する支店や人毎にライセンスを購入する必要がありませんので、人数が多くなればなるほど得です。

■1ルーム契約での利用例

・経営陣だけで行う会議
・社内の人間(拠点間)だけで行う会議
・取引先など社外の人を招いて行う会議など
※1契約で社内だけではなく、社外取引先ともご利用いただけます。

9:00~11:30
定例経営会議
13:00~15:00
海外工場と本社との会議
15:30~17:30
パートナー様との意見交換会議

■ルーム制とID課金の違い

ルーム制(1部屋) ID課金制
※部屋貸しなので人数によって料金は変動しない為、 社内外の人が使っても追加料金は一切不要。 ※利用一人一人に課金される為、 社内外の人の分を新規で契約しなければ参加できない。

料金

初期費用(税抜) ¥45,000
プラン※1 月額基本料(税抜) 無料利用時間 追加料金(税抜) 同時接続数
スタンダード※2 ¥79,900 無制限 なし 10
ハイクオリティ※2 ※3 ¥119,900 無制限 なし 10
プレミアム20 ※2 ¥119,900 無制限 なし 20
プレミアム20+ ※2 ※4 ¥129,900 無制限 なし 20
プレミアム30 ※2 ¥149,900 無制限 なし 30
プレミアム40 ※2 ¥179,900 無制限 なし 40
プレミアム50 ※2 ¥209,900 無制限 なし 50

※1 すべてのプランともモバイルアプリが無償でご利用できます。また、ストレージが1GB付属します。
※2 スタンダードプラン以上には、ドキュメント連携の同時接続10台分、PC画面共有が付属します。
※3 ハイクオリティプランでは映像の質が向上します。
※4 最大20拠点の同時映像表示が可能となります。

本サービスをご利用になる場合、FlashPlayer11.2以上がインストールされている必要があります。 FlashPlayer11.2以上の導入ができない場合は旧バージョンでのご利用が可能です。

新バージョン 11.2以上 H.264利用時は、推奨環境が変わります。 詳細につきましては営業担当までお問い合わせください。
旧バージョン 8.0以上 今後のバージョンアップによる新機能の提供は行いません。 詳細につきましては営業担当までお問い合わせください。
オプション名 月額基本料(税抜) 月額追加料金(税抜) 概要説明
テレビ会議接続 ※1 ¥15,000/同時1接続 ※1 なし テレビ会議システムと映像・音声を相互通信することが可能です。
サイボウズ連携 ¥5,000/部屋 なし サイボウズのグループウェア「サイボウズ ガルーン」、「サイボウズ Office」のスケジュールと連携が可能です。 施設の二重管理や会議招待などの二度手間に悩まされること無く、グループウェアのスケジュールからワンクリックでWeb会議に入室できます。
暗号化 ¥8,000/部屋 なし 当オプションは「AXLミーティング by V-CUBE」の通信を128 bitでの暗号化(SSLと同レベルの堅牢性)で暗号化するサービスとなります。
ストレージ ※2 ¥10,000/ID/GB なし ユーザーID単位でファイルを保存・共有出来るストレージ機能です。
高画質 ¥40,000/部屋 なし 通常の倍の映像帯域で利用でき、きれいな映像を配信できます。
China FastLine
(日中間専用線) ※3
¥10,000/部屋 なし 日本(当社データセンター)と中国の間を専用線で接続することにより、回線速度を安定的に確保することができます。
Global Link
※1 ※3 ※4
¥15,000/部屋 なし 海外各地に設置しているブイキューブのサーバ間を国際専用線で接続することにより、回線速度を安定的に確保することができます。

※1 旧バージョンではご利用になれません。
※2 同じユーザーIDで利用する複数の部屋で共有可能です。なお、ご契約はユーザーID単位となります。
※3 China FastLineとGlobal Linkの併用はできません。
※4 テレビ会議接続オプションとの併用はできません。